フェリチン検査を自宅で行うメリット・デメリット

フェリチン検査を自宅で行うメリット・デメリット
自宅用の検査キットで手軽に推定検査

 
フェリチン検査は、血液中の鉄の量を確認することができます。 鉄の量を把握することで、鉄欠乏と貧血のリスクを予防することができます。

 
また、フェリチン検査キットを利用すると、医療機関で検査する時に比べて、時間と手間をい考えるとお手軽な値段で行うことができます。
 
しかし、自宅で気軽に検査ができる反面注意も必要です。


今回は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビが、フェリチン検査キットを利用するメリットとデメリットを含め、フェリチン検査キットを選ぶ時のポイントについて紹介します。ぜひ参考になさってください。

 

フェリチン検査キットを自宅で使用するメリット

自己採血の血液検査キット(フェリチン検査など)があれば、病院へ行くことなく自宅で血液検査を行うことができます。
血液検査の一つでもあるフェリチン検査では、体内の鉄の量を推定することができます。
 

血液検査キット(フェリチン検査など)を自宅で使用するメリットとして、下記が挙げられます。

 
* フェリチン検査は一般的でなく、フェリチン検査を行う病院を探す必要がない * 検査には診察が必要で、また検査結果を聞くための再診の通院時間と手間がかからない * 健康維持につながる * 手頃な値段で使用できる     血液検査キット(フェリチン検査など)は、自宅にいながら採血ができ、検査結果をメールやアプリで受け取ることができます。
採血に要する時間は20分程度です。病院での血液検査、健康診断や人間ドックなどは、通院時間を含めると半日から丸一日時間を要します。

病院で結果を聞くためには再診も必要です。
そのため、時間を確保できない人や定期的な検診を受ける習慣のない人は、血液検査を受ける機会がなかなかありません。
しかし、検査をする機会が少ないと、病気の兆候を見逃してしまうというリスクが生じます。

そのような場合に血液検査キット(フェリチン検査など)を使用することで、健康状態を推定することができます。
また、値段も健康診断や人間ドックと比較しても安いため、気軽に使用することができます。

 

フェリチン検査キットを自宅で使用するデメリット

一般的な自己採血型の血液検査キットにはメリットもあれば、注意が必要な点もあります。
 

デメリットとして、以下の内容が挙げられます。

 
* 結果はあくまでも推定値であり、保証するものではない
* 病院検査よりアドバイス面で不足している
* 検査結果によって相談場所を自分で見つける

血液検査キットは、検査結果に対して不安が生じた場合、相談する医療機関がないというデメリットがあります。
検査結果を基に、病院へ行くべきなのか、対策したほうが良いのか自己判断になってしまい、アドバイス面などサポート体制が不足している場合もあります。
 
そのため、自宅で利用する血液検査キット(フェリチン検査など)を検討している場合は、値段比較も重要なポイントですが、検査後のサポート体制が充実しているかどうかも重視したいポイントです。

 

フェリチン検査キットを自宅で利用する時に値段以外で重視したいポイント!

 
フェリチン検査などの血液検査キットの利用を検討する際、自宅で手軽に利用できることのほかに、検査結果を基にしたサポート体制も重視したいところです。 リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビで提供しているフェリチン検査キットは、医療機関へ行かなくても、フェリチン検査による鉄欠乏の推定検査を自宅で簡単に行うことができます。
 
また、検査結果後の健康相談も可能です。
フェリチン検査の結果に対する不安ごとや不明点は、分子栄養療法を習得した国家資格を持つ医療従事者が、モバイルチャットを利用し対応いたします。時間に拘束されることなく健康相談を行えるサポート体制も整えているので、安心してご使用いただけます。

 

リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビについて

フェリチン検査キットをお探しなら

フェリチン検査キットを使用するメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたか。

フェリチン検査キットなどの血液検査は、自宅で手頃な値段で行えるメリットがある反面、検査結果について相談できる医療機関を別に探す必要があります。
「フェリチン検査キットを利用したいけど、専門家に相談もしたい!」という方は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビをご利用ください。医療従事者のアドバイスを受けることができます。

コラム一覧