微量血液検査マイクロセルフキット利用手順

キット利用時の手順です、1〜9まで全てご確認下さい

1. ユーザー登録

ご利用には利用ユーザー登録が必要です

●キットのシリアル番号に利用ユーザー登録をします
●ユーザー毎に固有のメールアドレスがID必要です。家族で共通IDは不可です。
●またユーザー毎に固有の電話番号も必要です。

本登録がない場合は結果をお返しできません。
 
利用ユーザー登録

フェリチン検査キット

2. 重要事項確認

ご利用にあったての重要注意事項です。

ご安心ください!
下記の場合、採血は何度でもトライできます!

●採血時に血液を出すため、つい押したり絞り出してしまった場合(溶血になります)
●ランセットを2本使っても採血具の根元の規定量が採れなかった場合(検査不能になる場合があります)

処理は中止し、液ボトルへは採血具を入れないこと。

サポート要求で再採血パーツを無償で送りますので、後ほど再度採血を行います。

また遠心分離機にかけた後で不安がある場合は、検体は送り返さず連絡をください。再採血が出来ます(なお液ボトルを使った場合は部品追加料金の発生があります)

これらの場合はサポート問い合わせから再採血の依頼を行なってください。
 
重要注意事項

3. キット利用準備

手際よく採血と遠心処理をするための準備です

●遠心分離機に電池をプラスマイナスを確認し入れます。
●大ボトルから小液ボトルを取り出し、遠心分離機に装着しスイッチを入れて動作確認をして下さい。振動など異常があれば使用を中止し、サポートまでご連絡をお願いします。

パーツを取り出し、採血具は所定の位置に斜めに立てかけること、小ボトルはキャップを緩め、所定の位置にに立てかけること。

消毒綿とバンドエイドは直ぐに使えるように
 

4. 毛細血管の活性化

採血前に手と抹消毛細血管をマッサージします、必ず行なってください!

●血行を良くして採血をしやすくします
 
毛細血管活性化

5. 手を十分に温めます

血液の出方が格段によくなります、溶血※を防ぐためにも必ず行なってください!

●熱めのお湯で手首までつける
●手の色がピンク色になる程度まで(概ね2〜3分)

※溶血とは赤血球の細胞膜が壊れて、内部の成分が血液に混じる現象です。正確な検査結果が得られません。

 

冷え症・血液が出にくい方・血圧が低めな方は入浴後直ぐがおすすめです。
採血は全身を湯船に浸かり十分体が温まっている入浴直後、湯冷め前が最も良好な採血ができます。
入浴時は手と指先マサージは十分に行なってください。
 

6. 採血・処理・郵送

事前にビデオを手順が理解できるまで繰り返しご覧ください。

全ての準備が整いましたらいよいよ採血です!
取扱説明書を開いて、見ながら進めてください。
 
キット使い方ビデオと詳細手順

7. 健康質問票を入力します

キットのシリアル番号毎に、採血の状況と健康に関する質問にお答えください。
なお健康に関する個人情報は任意です。

●鉄欠乏アセスメント情報としてアプリに反映されます
●健康相談(オプション)には必ず必要となります
 
健康質問票登録

8. 結果はメールで通知

利用ユーザー登録がされていない場合は通知ができません。
必ず利用ユーザー登録を行なって下さい。
 

10. 健康相談(オプション)

国家資格を持ち、かつ分子栄養療法に精通した健康相談員による鉄欠乏相談です

●オプションで健康相談が出来ます
 
健康相談について

キット利用開始の詳細手順は下記

サポートリクエスト

使い方、再採血キット送付要求はこちらから申し込みください。
 
サポート問い合わせ