隠れ貧血とは?
ヘモグロビンが基準値でも要注意

 
隠れ貧血とはどういう状態かご存知ですか?   一般には鉄欠乏は貧血として捉われますが、病院やクリニックで行われる貧血検査は、血液中のモグロビン濃度検査を行い、その基準値で判断されます。   ところが鉄分欠乏は、時系列的にヘモグロビン値が下回る貧血判定前にすでに起きています。 貧血予備軍となっており、鉄欠乏は様々な体調不良や精神不調をきたしますが、この鉄欠乏状態はヘモグロビン検査ではなかなか見つけにくいといえます。   つまり血液検査を行い、ヘモグロビン値に異常がないと診断を受けた方でも、鉄分が不足していて、既に鉄欠乏となっている状態を隠れ貧血と言います。
 

隠れ貧血って何?ヘモグロビンが基準値でも注意が必要

血液検査を行った際に赤血球中のヘモグロビン値に異常がなく、貧血と診断されなかった方でも注意が必要です。

なお貧血とは鉄不足である隠れ貧血が進んだ鉄欠乏の最終段階の疾患です。
 

隠れ貧血とは「鉄分不足の状態が潜んでいる」ため、潜在性鉄欠乏症とも呼ばれます。

 
隠れ貧血は、貧血と診断されなくても、鉄分不足から様々な問題が引き起こされる可能性があります。
貧血を診断するためには、ヘモグロビンが検査されます。
このヘモグロビンの基準値は、女性の場合で11.3~15.2 g/dl程度とされています。

先ほども述べたように、ヘモグロビンが基準値を満たしていても、鉄分不足のケースは多く、通常の血液検査では、鉄分の数値は見落とされる場合がよくあります。

そのため、隠れ貧血を見つけるためには鉄欠乏を検査することができる、フェリチン検査を行うことをおすすめします。

フェリチン検査キットを使用すると、時間の拘束がなく自宅で簡単に検査を行うことができます。

 

隠れ貧血だけではない!鉄不足が原因で発生する様々な症状とは?

血液検査の結果でヘモグロビンの基準値を満たしていても、隠れ貧血の可能性は否めません。

また、鉄不足は隠れ貧血だけではなく、様々な症状を引き起こす可能性があります。

 

鉄不足が引き起こす症状

 
* 疲れやすくなる * 息切れや動悸 * めまいや耳鳴り * 頭痛や肩こり * 肌荒れや髪の毛の細り * 注意力低下や苛立ちやすくなる * 鬱ぎ込みや不安 など   鉄不足が体に与える影響は、隠れ貧血だけではありません。
そのため、鉄分は体内で重要な働きを担っているといえます。

また、ヘモグロビンが基準値を満たしているのに、「とにかく調子が悪い」「疲労感が取れない」などの不定愁訴や、「イライラする」「プチうつ気味」などの精神症状は、隠れ貧血の可能性が大いにあります。

 

なぜ鉄不足で不具合が起きるのか

鉄分は、体内で重要な働きを行う栄養素です。

鉄分はヘモグロビンを形成するためのみならず、基礎エネルギー代謝、コラーゲン組織代謝、幸せホルモンであるドーパミンやセロトニン代謝などにおいて重要な役割を果たします。

大切な栄養素であるため、鉄分が不足すると体内で異常をきたし不具合が生じる原因となります。
そのため、鉄分不足に陥らないよう、日頃の食生活の改善を心がけましょう。

また、鉄不足に気づいていない可能性もあるため、検査キットなどを使用し定期的に体内の鉄分を確認しましょう。

隠れ貧血は検査キットで確認を!

血液検査では、主にヘモグロビンの基準値の確認がなされます。そのため、血液検査を行っても、隠れ貧血の原因になりやすい鉄不足についてはフォーカスが当たりにくくなります。
しかし、鉄分不足は貧血以外にも体が不調になる原因にもなります。

「体内の鉄の量を知りたい」という方は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビをご利用ください。
鉄欠乏を確認することができる、フェリチン検査のキットを取り扱っております。

コラム一覧