鉄欠乏と貧血とは? - フェリチン検査キットで手軽な費用で鉄分不足を推定!
本人のみならず子供の発達と心の疾患の要因ともなる鉄欠乏と貧血とは?

 
フェリチン検査キットは、お手頃な費用で体内の鉄量を推定することができます。少量の血液を自己採血し、郵送するだけで結果がわかる仕組みです。
フェリチン検査では、鉄欠乏の可能性についても推定します。実はこの鉄欠乏は、日本人女性の半数を悩ませている症状です。日頃の食生活の乱れや偏食によって、鉄欠乏と貧血を引き起こす可能性があります。
また鉄欠乏は本人のみの問題ではありません。妊娠・出産・育児で鉄欠乏はお子様にも深刻な影響を及ぼします。
今回は、フェリチン検査キットを取り扱っているリ・スタート貧血・鉄欠乏ナビが、鉄欠乏と貧血について紹介します。ぜひ参考になさってください。

 

鉄欠乏と貧血とは

フェリチン検査キットを使用することで、日本人女性の半数を悩ませている鉄欠乏を推定することができます。では、鉄欠乏と貧血はどういった症状で何が違うのか詳しく理解していきましょう。
 

鉄欠乏と貧血

 
鉄不足が引き起こす貧血のことを、鉄欠乏性貧血と呼びます。ヘモグロビンを作り出す鉄が不足するために引き起こる貧血です。
ヘモグロビンは、赤血球の細胞の中にある大切なタンパク質です。鉄欠乏性貧血は、成人した日本人女性の約25%が発症しているといわれているほど、頻度の高い貧血の一つです。


実は貧血になる前に鉄不足は既に起きています。その状態を鉄欠乏と言い、医学的には潜在性鉄欠乏症の名称があり様々な疾患症状を引き起こします。

鉄欠乏が進むと貧血になります。
貧血はヘモグロビン検査で分かりますが、鉄欠乏はフェリチン検査で分かり、鉄欠乏の要因となる鉄分不足を推定することができます。

課題はフェリチン検査は一般の血液検査項目には含まれておらず、検査を行う病院も少ないことです。

また貧血症状が認められなければ自費となる場合もあります。自宅で簡単に使用できるフェリチン検査キットを活用すると、フェリチン検査を行う病院を探す手間と、検査のための通院と、結果を聞くための再診のそれぞれの費用と時間をかけることなく、手軽にフェリチン検査を行うことができます。


フェリチン検査で推定できる鉄欠乏は、体内の鉄需要が食事などでの鉄供給を上回ると起きます。
その要因は;
* 偏食などの食生活習慣による鉄摂取不足
* 鉄吸収低下によるもの(胃腸が弱い、胃腸切除など)
* 生理や消化管などの出血によるもの
* 汗や排泄の増加によるもの
* 妊娠や授乳によるもの
* 成長期の過程において
鉄欠乏性貧血と診断される人のほとんどが、フェリチンと呼ばれる鉄を蓄えるタンパク質がほぼないケースがほとんどです。
そのため、上記の鉄不足に該当している方は、鉄欠乏性貧血を引き起こす前にフェリチン検査を行ってみることをおすすめします。

 

鉄欠乏の症状とは

フェリチン検査キットでは、鉄不足が原因で引き起こす鉄欠乏について推定することができます。
いざ、フェリチン検査を行って鉄欠乏の疑いがあった場合は、国家資格を持つ医療従事者と健康相談を行い、改善していきましょう。なお鉄欠乏を発症した場合、主な症状として以下の事項が自覚症状として確認できます。
鉄欠乏の症状 * 全身の倦怠感 * めまい * 息切れや動悸 * 耳鳴り * 眼瞼結膜や顔面蒼白 * 肌荒れ、髪の毛がほそる * イライラしやすい * 集中力低下 * 気分が塞ぐ(うつ) * 不安症 など
 

 
上記の症状に該当する方は、鉄不足の可能性があるため鉄欠乏が重度にならないよう、早めにフェリチン検査を行うようにしましょう。
鉄分の数値を測るフェリチン検査を行い、鉄欠乏と推測された場合は、なぜ鉄分が不足したのか原因を究明する必要があります。

鉄欠乏は初潮を迎える第二次性徴期の女児〜思春期の女性、また妊娠中の女性がなりやすく、妊娠中の鉄欠乏が重度の場合は胎児への影響も懸念されます。
そのため、自覚症状がある場合は早めにフェリチン検査を行うようにしましょう。

 

フェリチン検査キットで早期発見を!手間をかけず鉄欠乏を推定

フェリチン検査キットは、手軽な費用と時間をかけることなく鉄分の量を確認することができます。
また、鉄分不足が引き起こす鉄欠乏性貧血の可能性も知ることができ、事前の予防ができます。鉄欠乏は、体の不調の原因となるだけではなく、妊娠中の方は赤ちゃんへも影響を及ぼします。

「鉄不足かどうか手軽に知りたい!」という方は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビをご覧ください。誰でも気軽に使用できるフェリチン検査キットを取り扱っております。

コラム一覧