iPhoneアプリケーション使用開始手順

ユーザーアプリダウンロード〜基本設定

iPhone リ・スタート患者アプリ

アプリダウンロードから事前設定の手順

下記手順1〜9に従ってダウンロードならびにアプリ使用開始の準備を行って下さい。

スマートフォンで本画面をご覧頂きながら進める場合は、ホームボタンのSafariとApp StoreまたはRE-START Patientアイコンを交互に押しながら手順を進めて下さい。

 


1.アプリ検索

リ・スタートConnected HealthユーザーアプリをApp Storeでみつけます。

⇨ 下記アイコンをクリックしてRE-START Patientアプリを見つけます。


 
 

2.アプリダウンロード

App Storeから該当アプリをダウンロードします。

⇨ 「RE-START Patient」アプリの横にあるダウンロード(クラウドアイコン)をタップします。ダウンローダが開始されます。



 
 

3.アプリ起動

ダウンロードしたアプリをインストールします。

⇨ ダウンローダが完了するとアイコンは「開く」に変わります。「開く」をタップします。




 
 

4. 通知許可設定

各種通知の受信を可能にします。

⇨ ポップアップ画面の「許可」をタップしてください。


 
 

5.アプリ起動

ダウンロードしたアプリは自動的に起動します。

⇨ 「開始します」をタップします。
⇨ 画面が変わったら左へ画面を3回スワイプします。


 
 

6.アプリログイン

ユーザーIDとパスワードを入力します。

⇨ ユーザーIDは登録しましたEメールアドレスです。
⇨ パスワードも登録したパスワードです
⇨ 「ログイン」をタップします。


 
 

7.基本設定

アプリの基本機能を設定します。

⇨ 画面のすべてのバイタルを「オフ」にします。
⇨ すべてオフにしましたら「完了」をタップします。


 
 

8.アクセス許可設定

iPhoneの運動機能アクセスを許可します。

⇨ ポップアップ画面の「OK」をタップしてください。


 
 

9.事前設定完了

これでアプリは事前設定は終了です。


 
次は操作をするをご覧ください。